HOME
»
過疎四苦八苦
»
マスク

過疎四苦八苦

マスク



マスクの顔にすっかり慣れました。どこに行ってもマスク顔の人ばかりなので慣れてしまったのです。

マスク顔は その人の表情を観察することが困難です。

そんなストレスを感じ始めたのでしょうか ひと中でマスクをつけておられない人を見ると その人の表情を一瞥して 心情をあれこれ想像するのです。

マスクをつける習慣がないので つい忘れた人。
世の中の騒ぎに ノーマスクで抵抗しようとしている人。
新型コロナウイルスの情報と疎遠な 幸せな人。
たまたまつけるのを忘れ 内心でビクビクしている感じの人。
この場から早く逃げたいと イライラしておられるようでも。
もしかしたらマスクをおもちでない人かも。
マスクの調達などのお世話をする人がおられない人。
自分は大丈夫という自信をおもちとか。

その人の風貌態度とか目の動きを観察して いろいろな想像をしてみるのです。

連日のマスコミ報道で これだけ恐怖心をあおられていてもマスクをつけない人がおられることに想像が膨らみます。

マスクによって表情を隠さない人への観察が深くなります。