HOME
»
過疎四苦八苦
»
伝統を初めて疑った

過疎四苦八苦

伝統を初めて疑った



きのう初めて一つの伝統を疑いました。

それが間違った考えであるかどうか その結論が出るのは50年先だとも思いました。

どのような伝統を疑ったかというと お寺にお参りすることは大切なことだという思い込みの伝統です。

お寺にお参りしてお話を聞くこと行動の是非ではありません。

そこで何が説かれ何を聞いておられたかという お話しの内容についての疑いです。

お寺では仏法を聞くことができるのですが その内容はほぼ伝統に従って説かれます。

それを聞き続けた結果は 何かの形で現在の暮らしに現れているはずなのです。

若者たちに頼られることもない僧侶やお寺。

家族葬の増加に見られる 縁起観の消滅。

どこか何かに 社会との乖離があるのではないかと疑いが芽生えたのです。