HOME
»
過疎四苦八苦
»
『日めくり』

過疎四苦八苦

『日めくり』



我が家のトイレには三つの『日めくり』を置いています。

まことに不謹慎に思いながらも 毎朝用足しに行くたびめくっています。

その場所なら確実に目にしますし 頭が澄んでいるように感じます。

一つは『歎異抄』の『日めくり』。

二つ目は全米仏教会でつくられたもの。

三つめは世界遺産の大森銀山にある「群言堂」というお店でつくられた写真入りのきれいな『日めくり』。

そして四つ目が禅僧でもある 書家の相田みつをさんのもの。

この四つの『日めくり』を毎朝読むのですが 一番わかりやすく すう~っと頭に入るのが群言堂のオーナーが書かれたものです。

次が相田みつおさんの日めくりで 『歎異抄』の『日めくり』は一番難解に感じます。

なぜそのような順序になるのか考えて見ると 人生を見る視点が逆になっているからです。

外を見ないで 内を見る。

目先を見ないで 遠くを見る。

自分の目ばかりを頼りにしないで 他者の目を借りて見る。

そのことに気づいて 人生の学び方を考え始めています。