HOME
»
過疎四苦八苦
»
どう生きるか

過疎四苦八苦

どう生きるか



新型コロナウイルスの感染者が一人もいなかった島根県と鳥取県で 続いて感染者が確認されました。

全国にウイルス感染の恐怖が広がる中で 何を感じて暮らそうかと考えています。

感染の予防策を考えるのはもちろんですが 「一寸先は闇」「明日は我が身」という現実での気持ちの持ち方です。

「のど元過ぎれば 熱さ忘れる」ことにはなるでしょうが ただいまの状況は人生の姿を学ぶ絶好の機会ともいえます。

感染された方の立場になって 思いと重ねてみることもあります。

治療や看護にあたる人の気持ちになってみることもできます。

大勢の人と接触しなければならない立場になってみたらどうでしょう。

そして「感染するかもわからに今日一日を どう暮らすか」。

たとえ一瞬でも そんなことを考えることは大切だと思うのです。