HOME
»
過疎四苦八苦
»
家族葬

過疎四苦八苦

家族葬



コロナウイルス感染の影響は お葬式にも現れています。

葬儀会館の人のお話では 大ホールを利用して営まれたお葬式は 3月中旬から昨日まで1件もなかったそうです。

すべてが家族葬として 身内の皆さんで営まれるお葬式になったということでした。

都会からの移動をさせないように 人の集まりをつくらないようにという配慮からそうなるのです。

葬儀会館の人たちは このたびのコロナ騒動がきっかけになって 葬儀の形が家族葬に変わるのではという懸念があるようです。

たしかにコロナ騒動で人の集まりを自粛することは増えますが それは一時的な原因でしょう。

家族葬が増える原因は 絆の希薄化であり いのちについての考え方の変化という精神面にあると思っています。

このトレンドを変えることは容易なことではありません。

あらためて 家族葬の在り方にしっかり目を向けてお参りしたいと思っています。