HOME
»
過疎四苦八苦
»
雨読

過疎四苦八苦

雨読



一日中雨という予報が出ていましたので 午前中は本を読んで過ごしました。

読書にも少し疲れたこともあり 午後は民宿を始めた友人を訪ねました。

その民宿は広島県との県境に近い過疎地にありました。

昭和の初期 行商の人々のためにあった旅館を譲り受けたものらしくコンパクトサイズの建物でしたが 経営者の考えがしっかり見えるものにリフォームされていました。

訪問の目的は お寺の門徒会館の活用を考えるためですが 勉強させていただきました。

午前中は読書 午後は研修という4月の始まりでした。