HOME
»
過疎四苦八苦
»
観葉植物

過疎四苦八苦

観葉植物



本堂に観葉植物を入れます。

おつき合いがある花屋さんから 「ポニーテール」と「カポック」という樹を運んでいただきました。

両方とも2メートルはあろうかという存在感があるものです。

お寺で暮らす私たちと行事のたびにお見えになるお方 さらに初めて来られるお方など 人によって本堂内のイメージとか期待感は違います。

今までなじんでいてくださったお方にとっては 荘厳さが薄れたという感じがあるかもしれません。

あるいは硬さが和らいで親しみを感じてくださるかもわかりません。

私のねらいは 仏法は特別な場所で特別なお話を聞くのではないことを感じていただきたいのです。

仏法は日常の生活の中で生きているもので それを体感しやすい空間をつくりたいと思っているのです。

聞法の場 食事の場 憩いの場 さまざまな場を一度に提供しようとして お彼岸の法座から始めます。