HOME
»
過疎四苦八苦
»
籤運

過疎四苦八苦

籤運



「クジ運」が強い人 弱い人という人といいますが そんな人ってほんとうにいるのでしょうか。

お年玉つき年賀ハガキの当選を調べたら 3等賞の切手シートが11枚当たっていました。

私も家人も 自分はくじ運には恵まれないと思っていますので 調べてみました。

当たったハガキの宛名が だれの名前になっているか分類してみたのです。

私宛が3枚 家人宛は1枚。そして法人宛が2枚で私と家人の連名で届いたハガキは5枚でした。

個人に届いたハガキは その人限定かというとそうではありません。一家を代表して個人名で投函しておられるわけで これでクジ運を判定することには無理があります。

東京オリンピックのチケットが当たらなかったのは残念ですが それは私たちのクジ運が弱かったからではなく必然です。

私たちに当たりクジを出してくださる人がおられなかったことや 番号を決める機械の回り具合など 人間が簡単に想像できないことの積み重ねでしょう。