HOME
»
過疎四苦八苦
»
お寺のイメージ

過疎四苦八苦

お寺のイメージ



門前を往来しながら ここが何をする場所なのか知らない人はたくさんおられるはずです。

またお寺の周囲で暮らしながら 一度もお寺に入ったことがない人も少なからずおられます。

そのようにお寺とかかわりが薄い人々は お寺にどのようなイメージをおもちなのか想像しています。

あちらこちらに葬祭会館を見かけるようになっていますので お葬式を連想したイメージは薄れていると考えられます。

建物のいかめしさから 近づくことによるわずらわしさや不安を感じておられる人はあろうと思います。

薄暗さとか人気のない静寂さを想像したり 仏像や襖絵 お庭の様子に興味が浮かべる人もあるかもしれません。

いずれにしても その中に自分の身を置くことは 非日常の世界に入る感じであろうと思うのです。

その世界を体験することは 日常の暮らしを見直す機会になることなので 見直しにつながる体験を整えなければならないと思っています。