HOME
»
過疎四苦八苦
»
手すりつきの便器

過疎四苦八苦

手すりつきの便器



道の駅や病院の男性用トイレに入ると 入口に一番近いところに「手すりつき」の便器があります。

用足しに行ったとき 誰も人がおられなくてもその便器の前には行かないようにしています。

いつ手すりが必要な人が来られるかわからないので 空けておこうと思うからです。

昨日病院で用を足していると 若い人が入ってきました。

たくさん空いているのに いきなり一番近い便器の前に立って利用を始めました。

乗り物の中で 高齢者や障碍者などに席を譲るという学習と同じように トイレの利用エチケットも学習が行われているのでしょうか。

こんなことは社会学習なのでしょうがねえ。