HOME
»
過疎四苦八苦
»
日めくり

過疎四苦八苦

日めくり



今年から日めくりカレンダーを変えました。

今まで使っていたものが色あせてきたというわけではありません。

日野原重明先生のものは15年以上 地元の童画作家の佐々木恵未さんの日めくりも10年くらい使わせていただいたので 気分を変えようと思ったのです。

今年になって アメリカの全日本仏教会で出版されているものと 松葉登美さんという世界遺産の大森銀山にある群言堂オーナーの日めくりを手に入れました。

それに 3年前から使っている歎異抄の日めくりと合わせて 3種類の日めくりを毎朝めくることを日課にしています。

それを読んだからといって何かの変化がおこるかというと それらしい変化の実感はありません。

自己満足のような気もしますが 響くことばとか気づかせてもらうことばのシャワーを浴びていると 自分のこころが見えて落ちつきます。

それが楽しいと思うようになってきています。