HOME
»
過疎四苦八苦
»
お説教

過疎四苦八苦

お説教



その年の賞を独占したハリウッド映画の名作「風と共に去りぬ」を初めて観ました。

家人は何回も観ており ぜひもう一度観たいというのでDVDで観たのです。

しだいに間違いないと思い始めているのですが 彼女は一つのことを深く楽しむ傾向がつよいのです。

たとえば「オペラ座の怪人」の観劇にも 6回くらい行っています。また飲み物は紅茶で食堂に入ればかならず肉うどん。

いままでは私のペースで振り回していましたが 最近になって「その生き方も悪くないな」と思い始めています。

「北の国から」というドラマを100回以上見たという人の話も聞きました。見るたびに感慨が深くなり 発見があるといわれていたのです。

そういわれてみるとお説教も同じですね。

お話の切り口とか表現 事例などは違いますが 趣旨はいつでも見捨てない働きのお話ばかりです。

同じことを聞き続ける姿勢と そのことの楽しみに気づかなければお説教の場に足は向かないのかもしれません。