HOME
»
過疎四苦八苦
»
距離感

過疎四苦八苦

距離感



「距離」というものには かならず特定の単位があると思っていましたが そうでないこともあるようです。

たとえば「大局的に見る」というときの距離がそうではないかと思うのです。

「大局的」というとき それは平面上のことばかりではなく 時間的なことも含まれる立体的な距離感です。

また身近なところでは 肉親関係の距離感ということもあります。

他人同士なら明確に理解できる問題も 友人とか肉親 とくに親子関係の距離感となると理解が難しくなります。

「間合いを計る」ということばは この距離感の難しさをいっているのです。

具体的には 「お金を貸して欲しい」という申し出を受けたときなどに現れてくる距離感です。

この難しさは 感情という要素がからむから生まれるもので まずはその感情を整理しなければ計ることができません。

そのためには智慧を深くして 整理の基準になるキーワードを見つけることが大切です。