HOME
»
過疎四苦八苦
»
旅へ

過疎四苦八苦

旅へ



「旅に出ませんか 何かが得られます」

予定していた旅に出ます。

旅支度をしながら考える内容が いつの間にか体調維持のことが第一になりました。

「万一の事」もあれこれ考えます。

いまさら旅の楽しみのことが中心であった時代に戻ることは望めません。

それはそれでいいので そのように準備してまた新しい感覚の旅ができるのです。

このたびの目的は 自分がリフレッシュする旅とか 何かを見聞しようという旅ではありません。

自分たちのための旅ではないのですが「旅に出たらきっと何かに気づく」という事実を体験できます。

そのことを想像しながら 旅に出ます。