HOME
»
過疎四苦八苦
»
童心

過疎四苦八苦

童心



年末から年始にかけて開催される 佐々木恵未さんの童画展を見に行きました。

このお方の展覧会はなんども鑑賞しているのですが 時を変え場所を変えて鑑賞するとあらたな雰囲気に包まれます。

会場の一畑デパートは年末の売り出しのににぎわいもなく静かでした。

展示会場には私たちともう一人くらいの来客で ゆっくり鑑賞させていただきました。

今までになくていねいに鑑賞しながら 「童心ってなんだろう」と考えていました。

童心が消えてしまった心で想像したのです。

気づいたことは 童心とはすべてプラス思考でした。

童心とはまったくバリアがない世界に暮らすことでした。

「お月さまを磨いて落ちたほこりが 流れ星になってしまった」という絵を見ていてそんなことに気づきました。