HOME
»
過疎四苦八苦
»
ドライバーさんは人生を語る

過疎四苦八苦

ドライバーさんは人生を語る



タクシーに乗ったとき ドライバーさんの人生を聞かせていただくことが少なからずあります。

きっかけは「このお仕事を始められて何年になりますか?」という質問からです。

先日東京で乗ったタクシーのドライバーさんはお若い人でした。

経験はまだ1年といいわれましたので「このお仕事を選ばれた動機は何ですか」とお尋ねしてみました。

サラリーマンを辞め自営業を始めて失敗し 一年でやめてこの仕事を始めたというキャリアーを語ってくれました。

サラリーマンのとき このままで一生を終えたくないと 子供さんの誕生を機会に自営業を始めたそうです。

離乳食を製造し販売する事業を思いついたといいます。

理想を実現するために奔走されたようですが 見通しの甘さに気づいて断念し転職したという物語でした。

個室での会話であり 利害などに無関係なので話しやすいらしく正直でした。私も一期一会という気持ちになっての会話を心がけています。