HOME
»
過疎四苦八苦
»
「捨てる」ということは

過疎四苦八苦

「捨てる」ということは



「捨てる」行為の意味を考えてみました。

断捨離とか終活 あるいは身軽でシンプルな暮らしといって ものを捨てることばを聞くことが多くなったよに感じています。

たしかに捨てると気分がすっきりして 自分が新しくなったように感じます。

捨てるという行為は ちょっとだけ深く考えると 過去を捨てることです。

まだ使えるとか いつか役に立つと思うとらわれを手放すことでもあります。

そしてそのやり方を工夫した体験の積み重ねが 人を賢くするのだろうと思います。

不要になったものを捨てるということから 誰かの役に立つから「上げよう」という積極的な捨て方ができるようになると そのものが生きることになり 世の中がおもしろくなると思いませんか。

仏教には喜捨という明るいことばがありますが さりげなく使えるようになりたいと思っています。