HOME
»
過疎四苦八苦
»
「資格三原則」

過疎四苦八苦

「資格三原則」



「資格三原則」ということばがあります。

私がかってに造ったことばですが いろいろな有資格者が社会で問題をおこしていることに腹が立っているのです。

運転免許者があおり運転をしたり 教員資格者が仲間をいじめたりするような事件です。

高齢者や障碍者を虐待する介護福祉士や お坊さんの資格をもって高額な戒名料を要求することも許せません。

専門分野ごとに 世の中を楽しく安心して暮らせるようにするために資格があるのですが 原則を忘れる人たちがいるのです。

三原則の一つ目は 資格は生き物であるということです。育て方が悪ければ腐ります。

二つ目は資格は道具であるということです。上手に使えば楽に仕事ができますが 使い方によっては凶器になるのです。

そして三つ目は 世間が資格の持ち主の評価をするということです。資格があるからといって 特権意識をもたないことが大切です。