HOME
»
過疎四苦八苦
»
掃除の力

過疎四苦八苦

掃除の力



掃除のことについて 特別に考えるようになっています。そしてその掃除が身につきつつあるような実感もあります。

そのきっかけは お掃除のプロの仕事が紹介された放送を見たことにあります。

そのお方の紹介は二回目になりますが リクエストか再度紹介したくなる何かがあったからに違いありません。

中国の残留日本人孤児であった主人公の 真摯な生きざまと掃除への真剣さに惹かれ 強力な刺激を受けてしまったのです。

当たり前すぎて 笑われるような事実ですが 掃除をしたら手が汚れます。手を汚すことがうれしくなったのです。

床やガラス窓 本棚や部屋の隅っこなどがきれいになることによって 自分のこころまでもがきれいになるように感じ始めたのです。

といっても 潔癖性のように行動しているわけではありませんが 片付けもおろそかにできなくなりました。

片付けながらものを減らすことが 終活にもなると気づくと これもうれしいことです。

「掃除をし続けると人生が変わるよ」と シュリハンドクというお弟子さんに教えられたお釈迦さまのおことばは 私にもいわれていると思っています。