HOME
»
過疎四苦八苦
»
お布施は一瞬の行

過疎四苦八苦

お布施は一瞬の行



お寺のリフォームを進めようとして考え続けていることがあります。

それは伝統という目に見えない巨大な資産の扱いです。

仏法は理論だけで伝えることはできません。お浄土とか如来さまあるいは他力のことは 雰囲気とか儀式を通して感じることも不可欠です。

仏教の伝統は 儀礼や雰囲気 そして慣習によって維持されているものです。それを大切な資産と考えることと その取扱いを現代社会に受け入れられるように工夫する必要があります。

故人を追慕する法事は 故人からの消息を知らせていただく時間。

故人がいただかれた法名は 如来さまがお呼びしてくださるお名前。

そして自分の知恵のレベルに気づかせていただく一瞬の行としての布施。

あれこれ考えながら 伝統の資産をおろそかにしないリフォームを実行します。