HOME
»
過疎四苦八苦
»
ガンの告知

過疎四苦八苦

ガンの告知



大変お世話になっている二人の知人ご本人から 「ガンが見つかり 治療することになりました」というお話がありました。

お願いしていることや 自分の手伝いを休むませてもらうという断りのためにお見えになった折の話です。

病名は前立腺ガン もうひとりは肺ガンとのことでした。

心中には混乱や不安があったであろうと思うのですが きわめて淡々とお話しされました。

そのときふと 10年も前なら病名の告知があったのだろうかと思いました。

このように告知があったのは 病気が初期であり 早期に治療したら全治すると判断されたからであろうと推察しました。

その背景には 医療の進歩によって治癒の確率が高くなり 「ガン」イコール不治ではないという時代になっていることも考えられます。

いずれにせよ ごく自然に話されたように感じられ ガンを取り巻く環境が変化していることを知りました。