HOME
»
過疎四苦八苦
»
走りながらメシを食え

過疎四苦八苦

走りながらメシを食え



「走りながらメシを食え」。

ものすごいスピードで世の中が変化していた時代に 会社の中で飛び交っていたことばです。

つまり しっかり準備を整えてからことを始めていたら競争に勝てない。少々準備ができていなくても まずはことを始めよということばです。

どうやらそのことばが耳に残っていたようで 運動会の季節に思い出すことになりました。

当時は「そんなこと健康によくないよ」と思いながら 意味を深く考えることも身につけようともしませんでした。

あらためて考えてみると 走りながらといっても 走る方向と目標はあるわけです。

手が届くほど先の目標なら 途中でメシを食う必要はありません。遠い目標とか大きなプロジェクトであれば このことばには一理あります。

道のりが遠いと途中で休憩するでしょう。そのときメシを食う。

このことばはいつでも なにかを成し遂げるときの原則のような気がしてきました。