HOME
»
過疎四苦八苦
»
ラグビー観戦が面白くなってきました

過疎四苦八苦

ラグビー観戦が面白くなってきました



いままで それほど熱心にラグビー観戦をしていたわけではありません。

家内をつれて秩父宮ラグビー場で観戦したときも ゲームが面白くなかったこともありますが 後半は見ずに帰る程度のファンでした。

ところがこのたびのW杯は ルールもよくわからないまま夢中になっています。

日本のチームが奮闘しているときは 大声で「行け! 行け!」「押せ! 押せ!」と叫んでいます。

テレビ観戦していると 必要な場面できちんとルールの解説が入るようになっています。

この仕組みは素人にとってはたいへん嬉しいことです。

ラグビー素人の人たちに この機会にラグビー好き人間になってもらい 他のスポーツと同じようにファンを増やそうという考えを感じます。

人々の関心が薄いのは宗教界も同じです。ラグビーのファンづくりと同じような おもしろい手口がないのだろうか。

試合を観戦をしながら そんなことをふと考えました。