HOME
»
過疎四苦八苦
»
覚悟ができるまで

過疎四苦八苦

覚悟ができるまで




「どうしたら魅力的な会になるのでしょうか」という相談を受けているひとつの会があります。

その会の目的は 仏教に関心をもってもらおうという会なので お寺と同じ目的の会です。

相談を受けた私は せっかく話し合って立ち上げた会を 次第に先細りさせてきた失敗の体験者です。

相談を受けてから考え続けていて 問題の解決策を見つけたように思っているのですが このたびはすこし時間をかけることにしています。

失敗の体験を無駄にしたくないからです。

何が失敗で どれくらい待つのかというと 解決策をやりきるという覚悟が自分の中にできるまでの時間です。

かならずやりきろうという覚悟をもたないで 見つけたアイデアに飛びついて中座した轍を踏まないようにしたいからです。


といっても勢いが必要ですから それほど長い時間はかからないと思います。

新しく参加する人がない会やお寺が先細りして やがてなくなるのは当然です。

やりくりしながら衰退を続けるか それとも結果はどうなるかわからないが変化を実行するか。

覚悟を問う相談をもらっています。