HOME
»
過疎四苦八苦
»
尊厳死とは

過疎四苦八苦

尊厳死とは



余命を宣告されたご婦人の点滴注射が中止されました。

ご家族全員がお別れにこられ 高齢であるうえ もはや治療することがなくなった状態での判断でした。

ご家族同意のうえで 主治医が判断された中止です。

往診に来られた主治医が 「呼吸が止まったら知らせて下さい」といってお帰りになりました。

それは「尊厳死」という 老衰による死の始まりでした。

そのとき このような人生の終え方が なぜ「尊厳死」と呼ばれのかわかりました。

それは意志をもって延命などを判断することなく すべてをご本人の「いのち」にお任せすることでした。

思った通り おだやかな終焉を見守ることになりました。