HOME
»
過疎四苦八苦
»
新聞休刊日

過疎四苦八苦

新聞休刊日



新聞の休刊日が増えています。

それでも私は不自由さというか リズムの狂いを感じることはなくなっています。

休刊日が増える理由には 新聞を購入している人が減ったこともあろうと思います。

また働き方改革によって スタッフが休日を増やすとか いろいろなニュース媒体が増えて ニュースを手に入れることが簡単に出来るようになったこともあります。

とにかく休刊日で困ることが減ったことは確かです。

新聞にはいろんな紙面があります。高齢になった愛読者は ゆっくり時間をかけて新聞を読んでおられます。

地方紙には読者のページがあってそれに目を通すと 多くの人が感想や意見を寄せられていて 丹念に読んでおられることが想像できます。

その人たちにとっては 新聞の休刊日は退屈な一日になるのかもしれません。