HOME
»
過疎四苦八苦
»
ドアノブが壊れてしまいました

過疎四苦八苦

ドアノブが壊れてしまいました



リビングのドアが 一度閉めたらスムーズに開かなくなってしまいました。

業者に見てもらうと ノブが壊れたしまったのが原因だといわれました。

ノブを交換したら簡単に修理できると思ったのですが どうやら30年も前のドアなので 部品があるかどうか金物屋に問い合わせてみると持ち帰られました。

メーカーは競って品質の向上を行うのですが その修理部品の在庫期限は 本体の寿命より短く設定されているようです。

同じものが入手できないときは 代替えの部品と交換していただくことをお願いしました。

人間の体と臓器の関係も 似ているようです。

部品である臓器の修理や補強 ときには取り換えもしながら 長命を維持するのです。

いのちもモノも 粗末にできないので修理しながら大切に使います。