HOME
»
過疎四苦八苦
»
なぜ泣くの

過疎四苦八苦

なぜ泣くの



芸能関係会社の社長さんが記者会見をしたという報道がありました。

その後で その様子を伝える報道が いろいろな媒体を通じて行われていました。

それを聞いているとき 社長さんが謝罪しながら泣いておられる様子でした。

この会見が行われるいきさつについて 私の理解では泣いてお詫びするような内容はなかったと思っていたので不思議でした。

「泣く」動機はいろいろあってかまいません。立場や人ごとに違いがあって当然です。

「もらい泣き」「うれし泣き」「ウソ泣き」「感動の涙」「悔し涙」「悲嘆悲痛の涙」「別れの涙」「お詫びの涙」などたくさんあります。

泣く立場と思えない人が泣いている 泣く場面でないところで泣くと 下心があるのではないかと思ってしまします。

泣くほどの状況でないときは 過ちを和らげようとするジェスチャーのようで醒めてしまいます。

ビジネス上の過ちを犯したということであれば 撤回したりあらためたらいいことです。

その過ちによって人の心を傷つけたことに気づいたなら 誠心誠意丁寧にお詫びすしたらいいと思うのです。

人前で泣くことで その人の人間性が見えるように思います。