HOME
»
過疎四苦八苦
»
履歴書を読みます

過疎四苦八苦

履歴書を読みます



仕事として履歴書を見る機会は少なからずあります。

回を重ねていると わずか一枚のペーパーからいろんなことがわかるようになりました。

履歴書の記載事項は限られていますので 注意深く読みます。内容はもちろんですが 文字の書き方やクセについてもしっかりと見ます。

そして想像力をフル回転して その時その場所でどんなことを考えていたのか推理します。

個人情報保護ということから 採用不採用に関係がない記入事項は一切ないのですが それでも記入されている学歴とか職歴から推理を試みます。

その推理の正確さを高めるのに役立つことは 自分が周囲の人とどれだけ深く関わってきたかという経験です。

かかわり経験は人によって違いますから 違う人の推理も参考になります。利害関係でなく 人間性を中心にかかわってきた人の意見は 特別に役に立ちます。

そうではいっても やはり直接お目にかかり 本人の話を聞かないと人物は見えません。

記載事項を読み 本人の話を聞くことの間にドラマがあるように思っています。