HOME
»
過疎四苦八苦
»
自分流の音の楽しみ

過疎四苦八苦

自分流の音の楽しみ



中学生になったとき「音楽室」という教室が建築されました。

音大を卒業したばかりの先生が赴任され ピアノが上手な男性の先生でした。

歌うことが苦手であったこともあるのですが 教え方も専門的で楽しい時間であったという記憶はありません。

試験問題に出るからといって ベートーベンや滝廉太郎さん方の年譜や作曲名を覚えました。

また五線譜や記号も覚えましたが これはお坊さんになったときお経の練習に役立ちました。

歌ったり聞いたりする楽しみよりも 覚えることが記憶に残っているのです。

楽器に触れることもなかったので 音楽に近づく機会は多くはありませんでした。

そのころのラジオの電波は不十分で雑音が多く おりおりに放送劇や浪曲を聞く程度でした。

そのような音楽と触れる環境を経て なぜかいまは 気分に合わせてクラッシックと演歌を楽しんでいます。