HOME
»
過疎四苦八苦
»
同じ話をしないように

過疎四苦八苦

同じ話をしないように



出来るだけ同じ話をしないように注意しているつもりです。

その一番の理由は 「その話はもう聞いたよ」といわれたり 「話したことを忘れるようになっている」と思われるのがすこしこわいからです。

そしてもう一つ 「そんなことはとっくに知ってるよ」と思われる話はしないようにしたいという思いもあります。

でもそんな思いは止めようと思い始めています。

すでに自分が話したのではないかと思う話でも そんなにたびたび話すことはないと気づいたからです。

複数回話すことはあっても 一人の人に対しては せいぜい10回までだろうと思ったからです。

また聞く人がすでに知っているのではないかという話も 以外にご存じないという場面が結構多いからです。

一人ひとりが暮らす環境や興味は違っています。

その違いが話題の違いになるのですから 自分の環境の中で興味があった話は意外にに新鮮な話題になるようです。