HOME
»
過疎四苦八苦
»
やり直しは出来ないが見直しは出来る

過疎四苦八苦

やり直しは出来ないが見直しは出来る



なぜか「時間」っていったい何だろうと ふと考えたのです。

これはこのたび滋賀県で発生した 保育園児の交通事故災害の関係者の心境を 家で話していることがきっかけになっています。

「仏さまに救われる」とか「人生のやり直しは出来ないが 見直しは出来る」ということばが頭に浮かんで 「どうにもならないことでも 時間は解決してくれる」と 時間ことを考えることになったのです。

時間は目には見えませんが 変化が見えるから時間があるように思うのではないかと思ったのです。

そもそも時間は永遠に止まったままで 一切のものは その中で縁起に従って変化しているのではないかと思い始めたのです。 

人の成長も老病死もそれは細胞の変化や縁起の結果であり その変化につけたメモリーが時間と考えたのです。

交通事故で一瞬に消えた子どものいのちがあります。そのことで嘆きと苦しみが始まったご家族がおられます。また一方には 事故の運転者と家族がおられます。

生きているかぎり忘れられない 出来事が一瞬に拡がっているのです。

もし時間が川のように流れているのなら さかのぼって事実を消すことは不可能です。ところが 止まっている時間の中で 一人ひとりが縁起によって変化していると受け止めたら 新しい人生に変化することも可能です。

その変化を起こす働きはどこかにあると思うのです。