HOME
»
過疎四苦八苦
»
改革者は「よそ者 若者 ばか者」

過疎四苦八苦

改革者は「よそ者 若者 ばか者」



世の中を変えるような改革は よそ者か若者 あるいはばか者によって実現するという話があります。

世の中の改革者を見ていると なるほどそういう人が多いように見えます。

私はそのどれにも当てはまらないので 改革は出来ないと思っていました。よそ者ではありませんし若くもありません。

そして自分をばか者とは思いたくもなかったからです。

もし本気で改革したいと思えば ばか者になって実行するチャンスしか残っていないので 本気で考えて見ました。

ばか者というレッテルは 自分で貼るものではありません。その行動を見た他人が貼るものです。外部の人が 「あいつは何をやっているの」とか「変わり者だよ」と見られることになるのです。

他人の評価を考えず 自分の信念で行動し続けていると たぶんそのように見えることになります。

それに耐えるのではなく どのような悪口や非難もおかまいなしに自分の考えを実行することがばか者の第一歩になるのです。

まずは自分の信念は何か その点検からです。