HOME
»
過疎四苦八苦
»
話したくなるとき

過疎四苦八苦

話したくなるとき



とつぜん「(まとまった話を)話したいなあ」と思うときがあります。

どんなときにそうなるのか分析するようにかんがえると 思い当たることがあります。

頭の中で新しい発見がおきているとき 本を読んで刺激をうけたとき 問題解決のヒントが浮かんでいるときなどです。

それは 誰かに話すことによって そのかんがえが固まるか 逆につまらないものと気づくからです。

これは リトマス試験紙を入れて酸性がアルカリ性かを調べるような行為に似ています。

しかしそれ以上に 人に話すことによる別の成果がおもしろいのです。

話しの中の何かについて 別の意見や質問があると そこから新しいかんがえが生まれることがあるからです。

「まとまった話をしたい」と思って話すときは 聞いた人の意見や感想 質問を受けるゆとりをもっておくことが大切です。