HOME
»
過疎四苦八苦
»
スズメと遊ぶ人

過疎四苦八苦

スズメと遊ぶ人



「我と来て 遊べや親の ない雀」 小林一茶の句を思い浮かべるような話を聞きました。

話した人は 80歳目前の独居男性。

「毎朝スズメに餌をやるのが楽しみで・・・」と話し出されました。

毎朝決まった時間になるとスズメが40羽近く 庭の木の枝にやって来て さえずりで来ていることを教えてくれるといわれます。

「おおみんな来たか おはよう」といいながら 用意していたパンをちぎって 作っている餌台の置いてやります。

親スズメが子スズメにえさを与える様子 自分が外出先から戻ってくる姿を見ているスズメがいて 知らせを聞いて集まる様子。

パンの中にお米やおまんじゅうなどを入れたときの食べ方などを おもしろおかしく丁寧に話してくださいました。

同席の方から 「ついに相手をしてくれるのは スズメだけになったんだ」と笑われ みんなで笑いました。そうかもわかりません。

そうであっても よくぞ格好の遊び相手を探されたものです。よかった よかった。

いろいろな発見を話される楽しそうな姿に場が和みました。