HOME
»
過疎四苦八苦
»
捨てることが出来ない理由

過疎四苦八苦

捨てることが出来ない理由



先日お見えになった企業の幹部の方々とお話したときの感想文が届きました。

その中に「捨てなさい 捨てないと新しいものは入らないのです」と話したことについての感想が書いてありました。

書いた人は 当日「自分には捨てられないものがたくさんある」と話していた人でした。

「いつか役に立つだろう」とか「思い出の品なので」といって残しているものがあるのだそうです。

「もったいない」あるいは「使い慣れたもの」として手放せないという品物をお持ちの人は少なからずおられます。

それをむりやり捨てなさいというのではありません。

組織で事業をしている人にとって まず取捨選択して捨てて欲しいのは 考えや習慣です。

感想文には「なぜ捨てることが大切なのか 意味がよくわかった」と書いてありました。

部屋や店舗に限らず 頭の中であっても 新しいものを入れようと思えば何かを捨てなければなりません。今までの考えや習慣を捨てなければなりません。

今までのものを捨てて 新しい業態を育てるリーダーになってほしい
と思ったのです。