HOME
»
過疎四苦八苦
»
その後の場

過疎四苦八苦

その後の場



研修とか法事など所期の目的が終わった後 緊張がほぐれる場があります。

多くの場合 建前の行事が終わった後なので ホッとして本音の話しが気軽に飛び交っているように感じます。

主催者があらかじめ「事後タイム」のことを考えておいて その場を誘導することは出来ないものかと思うのです。

試合後のロッカールームミーテイングのようなもので 熱が冷めないうちに大切な課題を本音で話し合う機会にするわけです。

キーになる課題をいくつか準備しておけば きっと話しのテーマになると思います。

ご飯をいただきながら 「ウソをつかないようにしよう」とか 「過疎地のお寺をどうしようか」という話で盛り上がっている様子を見ながら感じたのです。

そんな事後タイムが話題になったことを知らないのですが 案外おもしろいのではないかと思ったのです。