HOME
»
過疎四苦八苦
»
湯治のすすめ

過疎四苦八苦

湯治のすすめ



10日前から行事が続き のんびりする時間がもてませんでした。

おとといの日曜日 昼過ぎの用事が終わったあと家内と温泉に行って来ました。

近くにある美又温泉の保養センターに「湯治」に出かけたのです。大人500円の入湯料を出して アルカリ泉のお湯につかってすっかり暖まりました。

むかし近所のお百姓さんたちは 農作業が終わったあと 「骨休めに出かけるので留守にします」と話して2~3日出かけておられました。

仲間と一緒に近くの温泉に行って 数日のんびりと過ごして身心の疲れをいやしておられたのです。

豊かになった現代では 休日になると日頃出来なかった片付けをしたり 買い物や旅行に出かける傾向です。

生活のメリハリのつけ方が変わってきているのですが 身心を癒やすのに家族そろっての湯治も捨てがたいと思います。


近所にはいい温泉がたくさんありますので 湯治をおすすめしたいものです。