HOME
»
過疎四苦八苦
»
小銭を増やしたくない

過疎四苦八苦

小銭を増やしたくない



財布には 「札入れ」と「小銭入れ」があります。

小銭というのはコインのことで 入っているのは1円、5円、10円、50円、100円、500円と6種類。お札は1000円、5000円、10000円の3種類が入っています。

以前には1000円硬貨や2000円札もありましたが いまでは見かけなくなりました。

買い物をするお店によって使うお金種は違いますが いまでは乗り物の切符や自動販売機の飲み物も含め おおかたは1000円札があれば間に合うようになっています。

便利にはなりましたが お釣りに出てくる小銭はどこかで使わなければ増えるばかりです。

私の場合コンビニや自販機では できる限り小銭を使おうと思って小銭入れをもってお店に行きます。

小銭入れからコインを選ぶのですが そのコイン探しに結構時間がかかるのです。後に支払いの人が立ったときなど つい1000円札を出してお釣りをもらうことになってまた小銭が増えることも少なくありません。

ときには小銭を増やさないように 頭の中で釣り銭の計算をしてお札を使うこともあります。

頭の運動になるかも知れませんが そこまですることもなかろうと思いながら なぜか小銭は増やしたくないのです。