HOME
»
過疎四苦八苦
»
お寺の行事は大事でおもしろい

過疎四苦八苦

お寺の行事は大事でおもしろい



浄土真宗のお寺のビックイベントである報恩講が終わりました。

大勢の人の力で 盛り上がりもあって無事に終えることが出来ました。

例年の参加者の人の中には 地域の行事と重なったり 3連休であることで支障がある人が何人かおられました。

地域の人々の動静が把握できるところで暮らしていますので どなたがお見えにならなかったのか どのような都合なのかおおよそわかるのです。

申し訳なさそうに 不参加というお詫びをいってくださる方があると 同じ地域に暮らしているわけですから 無理やりの参加をお願いすることは出来ません。

いままでは他の行事や都合と重なったとき その人が選ぶことだから「仕方ない」とあっさりあきらめる傾向にありました。

いろいろな思いを重ねながら お寺参りを選ぶことが「大事でおもしろい」と判断していただきたいと思う気持ちが強くなっています。

「大事だから」という建前だけでなく お寺への参加は「おもしろい」という本音から優先順を決めていただこうと思うようになっているのです。