HOME
»
過疎四苦八苦
»
変革はどこから始めるか

過疎四苦八苦

変革はどこから始めるか



「変革」といっても まったく新しいことをすることによって始まっているのではないと感じています。

状況に変化に合わせ いま行っていることの中にある疑問点を ていねいに見直すことから始まるのだと思います。

バーガーショップが高齢化社会を見て 「入れ歯の人が食べやすいバーガー」を考えたら変革になります。

素人が農業に取り組もうとして 土作りの経験がなくても出来る水耕栽培で野菜をつくろうと考えた人は 農業の変革者です。

いじめや過労などが芽生える働き方を 仏法の教えで見直すことは お寺の変革になることです。

改革には 「よそ者 馬鹿者 若者」が必要といいますが 見直しをする自分がその人になればいいのでしょう。

そんな人のことを「変わり者」ともいえますが そのような「変わり者」がおられたら応援したいと思います。