HOME
»
過疎四苦八苦
»
サルのはなし

過疎四苦八苦

サルのはなし


しばらく見なかった野生の猿が出没するようになりました。

暑さが和らぎ 猿にとっても日中の活動が楽になったからでしょうか。

先日の朝方お参りの通り道で 畑を耕しておられる顔見知りのご婦人がおられたので「猿は出ませんか」と声を掛けてみました。

「出ますよ たった今ここに来ていたんです。も~う腹が立つといったらありません」と待っていたかのように話し出されました。

「今 ふと振り向くと 小猿が一匹すぐ後ろで私を見ていたのです。コリャ!と叱ったら ゆっくり歩いて逃げましたが バカにしたような動作で腹が立って 腹が立って」と話されたのです。

姿は見えなくなっていましたが つい今しがたの出来事だったようです。

野生の猿は高齢の女性をバカにするという話をたびたび耳にしますが それは事実のようです。猿だって 自分の身が安全かどうか相手を見ながら生活をしているのです。

このような猿の考えを尊重して 見かけたときには「人間に近づくことは危険だ」と教え込む行動を私はひそかにパチンコで実行しています。