HOME
»
過疎四苦八苦
»
つくずく日本はいい国と思います

過疎四苦八苦

つくずく日本はいい国と思います


先日 羽田空港の出発ロビーにデジカメを置き忘れました。

そのことに気づいたのは帰宅してからで それまで気づきませんでした。帰って荷物を整理しながら デジカメがないことに気づいたのです。

置き忘れたとしたら 座って待っていた搭乗口の前のシートか あるいは搭乗の直前に行ったトイレだろうと見当をつけ 羽田空港のお忘れ物センターに電話を掛けました。

夜9時半を過ぎており 翌日の朝9時から受け付けるというメッセージを聞いて休みました。

カメラは使い込んでいましたが 記録とか思い出になる場面の撮影がありましたので それが失われることは残念でした。

翌日9時を待って電話をかけ 置き忘れ場所とデジカメの特徴を伝え 届が出ていないか問い合わせました。

「あってほしい」という気持ちと 「あきらめなければならないか」という気持ちが入り混じった2~3分の時間でした。

電話の先では品物探しが始まった気配を感じたので 所要のため受話器を家内に渡しました。

しばらくして始まった会話を聞いていると 「会合の場面が数枚 孫を写したものが・・・」という家内の声が聞こえ 相手の人がカメラを確認している様子を知りました。


無事であったことをうれしく思うと同時に 「日本はいい国だ!」とつくずく思いました。