HOME
»
過疎四苦八苦
»
通知表

過疎四苦八苦

通知表


孫の通知表をお仏壇にお供えしました。

私のときもそうされていたのですが 通知表をもらうたびにしているこの行為は我が家の伝統です。

なぜそうするのか そうしなければいけないのか深く考えたことはありません。

一学期を無事に成長させていただいたことに対して 仏さまに感謝して報告することだと 漠然と理解して行動しています。

それは無意味な行為にも思えますが 一つの宗教心の形として大切にしたいと思っています。

その通知表の表示を見ながら 評価の欄がいくつあるか数えてみました。学年が上がるごとに増えてはいましたが31項から33項でした。

一人あたり33項で一クラス30人としたら 約1000の項目に「大変よい」「よい」「がんばろう」と判定して丸印をつけることになります。

ぼんやり眺めながら 先生がどんな思いで丸印をつけられたのだろうかと想像していました。