HOME
»
過疎四苦八苦
»
生産性

過疎四苦八苦

生産性



「生産性」ということばをときどき耳にするようになりました。

戦後間もなくして「生産性本部」という名前の元に 生産性を向上しようという運動が活発に行われていたように記憶しています。

いつの間にかそのことばを耳にしなくなっていたのですが 最近ときどき耳にするようになりました。

働く人の不足や 労働時間の管理が厳しくなったためだろうと思いますが 生産性ばかりを追求し始めたら ゆとりのない恐ろしい社会が出現するのではないかという心配があります。

そういう考えが浸透した社会では あらゆることに時間内での成果ということを当然のように思う人が増えることを危惧するのです。

一例ですが宗教とか基礎研究 高齢者や障害者介護と行った分野にも広がり始めています。

「次の行動が待っていますから読経時間は短くお願いします」「あの世の特別席に行けるような長い法名を」という要求が出始めています。

人間の暮らしには 生産性ということばが通じないことがあることを知っておいて欲しいと思うのです。