HOME
»
過疎四苦八苦
»
童心展

過疎四苦八苦

童心展


加納美術館で童心画家の佐々木恵未展が開催されています。館長の神先生とご縁が出来たこともあって 観賞に出かけてきました。

佐々木恵未さんの作品を これほどまでに丹念に集めて展示されたことはなかったのではないかと思うほどたくさん揃えておられました。

なかでも圧巻だったのは 「あったか家族」というタイトルで 山陰中央新報に掲載されていたことばと原画を 一室にすべて展示されていたことでした。

入り口から ことばを読んで絵を見る動作を繰り返し 疲れたら絵を見てことばを読むという動作を続けながら 気がついたら全部の作品を鑑賞していました。

作品の中には人間や身近な動物がたくさん画かれていましたが 一人ひとり一匹いっぴきが全部笑顔でした。

子どもが童心であることは当然ですが 高齢者の皆さんの童心も画かれていました。その童心を ほほにつけられている赤みに感じたのです。

観賞の途中で昼食時間になり 敷地内にあるすばらしいしつらえのレストランでいただきましたが 童心画の展示期間中には「大人のお子様ランチ」がふるまわれるようでした。

展示期間中は館内全体が童心に返るように企画されている展示会でした。