HOME
»
過疎四苦八苦
»
今日は土用の丑の日

過疎四苦八苦

今日は土用の丑の日


今日は土用の丑の日。
折り込みやテレビなどで鰻の話題が目についていましたので いつだろうかとぼんやり考えていました。昨日 「明日が丑の日です」と大きな鰻を届けて下さったお方が教えて下さいました。

子どもの頃は 十二支とかわからないままに 「土用は牛の日」といっていました。

近くの農家には農耕用の牛が飼われており お百姓さんがその牛を追って海に入れておられたのです。牛はいやがる風もなく しばらくつかったあと帰っていく姿を見ていました。毎年この日の夕方の出来事でした。

次第に農作業の牛を飼う農家がなくなって いつの間にか海水浴をする牛はいなくなりました。

「なぜ海に入れるの?」と親にたずねたら 「牛が病気にかからないためだ」と話してくれましたが ほんとうのことなのかどうか確かめることもありませんでした。

丑の日が牛の日ではなかったと知ったのは 鰻を食べる日として賑やかになり始めた頃でした。

夏ばてをしないように 精をつけるために鰻を食べるという説明も 牛が病気にならないためという話も重なるようで 丑の日の大切な言い伝えとしておきます。