HOME
»
過疎四苦八苦
»
スモモすべてはカラスのため

過疎四苦八苦

スモモすべてはカラスのため


鈴なりのスモモが熟れる日を楽しみにしていました。十数年前に植えた2本のスモモの樹が 今年初めて鈴なりに実をつけたのです。

昨年の冬しっかり牛糞の肥料をやったのが効いたのか それはそれはみごとななりようでした。

数日おきに畑に出て あと何日待てばいいだろうかと楽しみにしていたのです。

その日は朝から群れたカラスがしきりに鳴いていました。

家内は「スモモを食べに来ているのではないか」と心配したのですが 「梅はサルとか鳥に食べられない果物だ」と聞いていたので スモモも同じだろうと安心していたのです。

翌朝家内が 今まで見えていた実が見えなくなっていることに気づきました。

「もしや」と思い行ってみたら 色づいたものはほぼすべて まだ青かったものも半分以上なくなっていたのです。

カラスの仕業でした。

残っていたものの中で 少し色づいたものを2~30個持ち帰り 家で熟すことにしました。


残していたものがどうなったのか気になって見に行ったら すべてなくなっていました。カラスが思い出をつくってくれました。