HOME
»
過疎四苦八苦
»
草木とのバトル

過疎四苦八苦

草木とのバトル


この時期は雨がよく降ります。雨の恵みには感謝するのですが 草木が勢いを得てはびこることはうれしくないのです。

とくに竹。
見る見るうちに畑や庭におしよせて 周囲の景色を変えてしまいます。

いまの時期 破竹やくろ竹のタケノコがぼこぼこと地面を破り 地上に出るやいなやぐんぐん伸びるのです。

旅行前に裏の庭に出たタケノコをすべて倒しておいたのですが 帰ってみたら一面タケノコの林でした。あわてて倒したのですが それでもまた一週間後には同じ作業をすることになります。

タケノコの根っこが 庭の下を網のように覆っていることがよくわかります。

人間には庭の表面の様子しか見えませんが 見えない地下では 竹をはじめいろいろな草木の根っこがたっぷりと雨水をもらって育っているのです。

どのように棲み分けをしているのか どのような闘争をしているのかわかりませんが おそらく大変なバトルをしながら毎年違った様相を見せてくれるのでしょう。

それを楽しむゆとりがあればいいのですが 我が家が草木に襲われるような恐怖を感じて闘うことになるのです。

地下は根っこ同士のバトル 地上は人間と草木のバトルです。