HOME
»
過疎四苦八苦
»
細切れの連続が人生

過疎四苦八苦

細切れの連続が人生


考えて見ると 人生といっても それは一本の糸のようなものがあるのではありません。今日一日の そして今という細切れの行動が続いているだけなのです。

そしてその細切れの一つ一つには 同じクセがあって そのクセでその人らしさが生まれているのだと思います。

そう考えると人生を変えようと思えば、今日このときの判断のクセを見直して 変えることが必要になるのです。

そしてそれを積み重ねることが 自分の人生になるのでしょう。

何かことをするとき 人に相談せず自分一人でやってしまうと 早くできることがあります。

あるときから 多くの人に協力をしてもらいながら進めるように変えたいと思い 意識してお願いをするようにしています。

すると 電話を掛けることが増えています。思いがけない繋がりも増えてきました。

さらに協力いただくありがたさも感じることが増えてきました。少しだけ人生が変わるのを感じています。